東京エフニブ

タグ:Nikon F ( 65 ) タグの人気記事

雨の日

e0191232_19101325.jpg


Nikon F Ai Nikkor 50mm f1.4s  HP5

御茶ノ水。
コカ・コーラトラック。


休日の朝食は、自分が作っている。

パンをオーブントースターで焼き始めたら、目玉焼き作りに取り掛かる。
フライパンに油を敷いて、焼くだけである。と思ってやってみた結果、出来上がった目玉焼きを
フライ返しでフライパンからお皿に乗せるときに、半熟の黄身が割れた。

これでは困るので、その次回は少し多めに焼いたら、固焼きになってしまった。

この経験と試行錯誤の結果、以下のレシピが完成した。

①フライパンを強火で良く温める。
②オリーブオイルを多めに(大さじ1)入れて温める。
③強火のまま、卵を割り入れる。
④卵のフライパンとの界面を固めに焼く。
⑤中火にして、白身が透明から白くなるまでゆっくりと火を通す。
⑥再び強火にして、大さじ1の水を投入して蓋をする。
⑦水は沸騰するジャーッという音がなくなったら火を止めて、フライ返しでお皿に盛りつける。

この方法では、ほぼ確実に黄身は半熟で、確実にフライパンからお皿へ卵を移動させることが出来た。

つまりは、
②で油を多めに入れることで、卵とフライパンとの間にオイルの層ができるから、焼きあがって、
フライ返しを当てた時に、フライパンから剥がれやすくなる。
④強火のまま卵の下面を焼くから、ここに白身の固い層ができる。
この層が剛性を持つから、フライ返しに乗せやすくなり、黄身が割れない状態で皿に盛りつけることができる。

しかし今日は、朝ごはんが出来たと家人に起こされた。
つまり、寝坊したのである。

家人が作った目玉焼きを食べた。

とても旨かった。

全体的に柔らかく、黄身はちゃんと半熟だった。

自分が作った目玉焼きだったら、下面はパリパリで全体的に油っぽい。

トーストは、いつもオリーブオイルをつけて食べるので、ちょうど良いと思っていたが、目玉焼き
としては、オイルの量が多すぎたということかもしれない。


#この週末は、近所をデジタルで撮影しました。
良い手応えでした。
[PR]
by f2view | 2015-10-18 20:01 | 東京 | Comments(0)

雨の日

e0191232_2023351.jpg


Nikon F Ai Nikkor 50mm f1.4s  HP5

北の丸公園。

雨は本降りになった。
傘をさしてカメラを構えた。


今日は一日中、音楽を聴いていました。

ジャズのピアノの音色を聴きながら、かつて小学校時代にピアノを習っていたことを思い出した。
赤いバイエルと、その次に黄色いバイエルという2冊の教則本をやっていた。

年1回開催される発表会は、習得の浅い者から始まって、最後はより上級者が演奏する順番になって
いた。

自分の上達は遅かったから、発表会ではいつも始めから5番目くらいだった。

習い始めて3年目くらい経っても、発表の順番はほぼ同じだった。
それと同時に、自分の順番の前後に演奏する生徒は、小学校の低学年だったのでみんな背が低かった。
そこに高学年で背が高い自分が割り込んで演奏する、という構図になっていた。

4年目の発表会でも、この構図は変わらなかった。

この時、演奏の2曲目でミスをして違う音を出してしまった。
演奏が終わって席に戻ると、なにか違和感を感じた。

それでも、黄色いバイエルに進んだ。
しかし、もう発表会の出演は辞退した。

黄色いバイエルは、5年半かかってもうすぐで完了ということろまで到達した。

ある日、バイエルに書かれている曲そのものが嫌いだ、と思った。

これが自分がピアノをやめた理由である。


ジャズを聴くためにオーディオを始めた。

オーディオシステムとして、ピアノの音の再現は大変重要である。
自分があの頃、ピアノに接して生音を聴いていた経験は、ジャズを聴くことに関係があると思っている。


さて、次の撮影について考え始めよう。
[PR]
by f2view | 2015-10-12 21:20 | 東京 | Comments(0)

雨の日

e0191232_1715988.jpg


Nikon F Ai Nikkor 50mm f1.4s  HP5

北の丸公園。

雀がいた。
他に誰もいなかった。

自分ひとりだと思って撮り歩く。
































[PR]
by f2view | 2015-10-09 21:00 | 東京 | Comments(0)

雨の日

e0191232_16114135.jpg


Nikon F Ai Nikkor 50mm f1.4s  HP5

九段下。

モノクロームのフィルムで、曇天の日の光で風景を撮ることが好きですね。

この日は、良い光だと思って撮影を始めたら、すぐに雨になった。



昨日は、午前中の用事が終わった後、すぐに帰って音楽を聴こうを思ったけれど、夏から秋の光へ
切り替わっていると感じたので、デジタルで少し撮影してきました。

其の後、 森本美絵 写真展 去りながら  を見にキヤノンギャラリーSへ。

6X6フォーマットで撮られた作品でした。

ひとつひとつ作品を見てゆく。
そして、それぞれの関係性を考える。
額装の大きさの意味を考える。
正方形に切り取られた風景を見る。


自分は、この秋からは、レンズは固定的に決めて使用してゆこうと考えていた。

森本さんの作品を見てからは、とても落ち着いた気持ちになりました。






[PR]
by f2view | 2015-10-04 20:10 | 東京 | Comments(0)

北品川

e0191232_2143177.jpg


Nikon F Zoom-NIKKOR 43-86mm f3.5 ILFORD HP5

クレーン。


写真について考え続けていればよい。

その結果、体が自然に動き出すはずであるから。
[PR]
by f2view | 2015-06-26 21:40 | 品川 | Comments(0)

北品川

e0191232_21364281.jpg


Nikon F Zoom-NIKKOR 43-86mm f3.5 ILFORD HP5

コンテナ。

かつて横浜に住んでいた頃、車で本牧埠頭のコンテナが積載された風景を見に行くのが好きだった。

現在の自分の風景に対する考え方で、本牧を撮影してみたいと思っている。

あの頃の記憶を辿りながら。









[PR]
by f2view | 2015-06-24 21:40 | 品川 | Comments(0)

北品川

e0191232_20182350.jpg


Nikon F Zoom-NIKKOR 43-86mm f3.5 ILFORD HP5

道路。


昨日は、友人たちと代々木~新宿三丁目あたりを撮影してきました。

この界隈はいつも撮っているけれど、敢えて歩いたことがない路地を選びました。

駐車場とビルと古い家。
通行人が一人も居なくなる瞬間。

良い手応えでした。

その途中で、

 笹岡啓子写真展「SHORELINE」photographers’ gallery

 渡辺英明写真展 「俺様の風景さ」ギャラリー蒼穹舎

を見た。

自分が今考えていることがわかったと思った。

其の後は、軽く居酒屋で飲んでから新宿ゴールデン街の こどじ へ。

 平林達也写真展「蝉時雨」

見て飲む。見ながら呑む。話す。

楽しい一日でした。
[PR]
by f2view | 2015-06-21 21:40 | 品川 | Comments(0)

北品川

e0191232_22115890.jpg


Nikon F Zoom-NIKKOR 43-86mm f3.5 ILFORD HP5

カモメ。

明日は、撮影に出かける予定。
さて、機材はどうするか考えよう。




[PR]
by f2view | 2015-06-19 21:50 | 品川 | Comments(0)

北品川

e0191232_225410.jpg


Nikon F Zoom-NIKKOR 43-86mm f3.5 ILFORD HP5

行き止まり。金網。

行き詰ったら、発想を変えるチャンスだと思う。

前進する方法を変更するだけのことであって、目的は変更しない。
[PR]
by f2view | 2015-06-17 21:00 | 品川 | Comments(0)

北品川

e0191232_21532525.jpg


Nikon F Zoom-NIKKOR 43-86mm f3.5 ILFORD HP5

クレーン。


自分の写真について考える。

そして撮影に出かける。という日常の繰り返し。

とても楽しいことである。
[PR]
by f2view | 2015-06-14 22:10 | 品川 | Comments(0)