東京エフニブ

タグ:Leica ( 87 ) タグの人気記事

光景

e0191232_23593192.jpg
Leica M6 Summicron 50mm f2 Tmax100
e0191232_00002305.jpg
Leica M6 Hektor 135mm f4.5 Tmax100
e0191232_00002258.jpg
Leica M6 Hektor 135mm f4.5 Tmax100
e0191232_23593223.jpg
Leica M6 Hektor 135mm f4.5 Tmax100
e0191232_00001905.jpg
Leica M6 Hektor 135mm f4.5 Tmax100
e0191232_00002332.jpg
Leica M6 Hektor 135mm f4.5 Tmax100


休日の午後は、撮影に出かけることが多い。

自分は何故、写真を撮るのか、写真とは何か、について考えている時期があった。

最近は、撮影中はひとりでいることを楽しんでいるのかもしれない、と思うようになった。


また、高校時代のことを思い出した。


ーーー

自分は、高校時代に所属していた写真部に取材に来たカメラマンが使っていた、三角頭のニコンFのカッコ良さに、
脳が完全にノックアウトされていた。

http://f2view.exblog.jp/23871466/
http://f2view.exblog.jp/23896633/

その当時は、父にもらったニコマートFTを使っていたが、どうしてもニコンFが欲しくなってしまったのである。

ニコンFはすでに現行品ではなく、ニコンF2の時代になっていた。
アサヒカメラは毎月購読していたので、その広告欄で中古カメラ店を調べて、ニコンFを見に行ってきた。

新宿のアルプス堂だったと思う。入口に一番近いショーウインドウに、たくさんのニコンFアイレベルが並んで
いた。
一応、貯金箱で貯めていたお年玉を持参したが、とても買える値段ではなかった。

それから何日か悶々とした後に、父に相談した。

父は言った。大学に入ったら買ってやる。

つまり入学祝いということになったのである。
その当時は、中古でカメラを買うという経験が無かったので、現行品であるニコンF2アイレベルのクローム
ボディが目標になった。

ちょうどその頃から、新宿のヨドバシカメラでは、各社のカメラが自由に触れる様にして陳列され始めた
時期であった。

自分はここに通って、ニコンF2のシャッター音や、ニコマートでは出来なかった分割巻き上げの感触を楽しんだ。

夜、勉強をしていて眠くなると、いつもニコマートで空シャッターを切っていた。
カメラを構えてシャッターを押すと、眠気が吹き飛んだからである。

自分は、ヨドバシで触ったニコンF2のシャッターの感触を思い出しながら、自分のニコマートでそれをイメージ
してシャッターを押していた。

高2の秋頃だったと思うが、銀座のデパートでニコンの展示会が開催されていた。確か、ニコンショーという
催しだった。

自分は、ワクワクドキドキしながら会場に入った。窓辺には、望遠レンズを装着したニコンF2が三脚に載せられて
ファインダーを覗いて外の風景が見れるように展示してあった。
そして、カウンターでは試したいレンズとボディを言うと、実際に触らせて貰えるようになっていた。

カウンターは人が並んでいたかどうかは覚えていないけれど、ニコンF2アイレベルにニッコール50mmf1.2
をお願いした。

受け取ってから、いきなり巻上げレバーを分割巻き上げ(つまり二回巻き)で操作して、シャッターを切った。
そして、ニコンの方に、来年になったらこれを買いますから、って言っていた。

今、思い出すと実に生意気な高校生だったのかもしれない。

高3になった。写真部は引退し受験勉強に集中することになった。
自分の勉強机には、ニコマートがいつも置かれていて、眠くなるとこれを構えて空シャッターを切ることは
同じだったが、無事合格すればニコンF2がやってくる、と思うことを励みにしていた。

高3の12月頃だった。受験する大学の願書を揃え始めた頃、新聞の一面広告でニコンF3が発表された。

焦った。
F3が出るということは、F2は製造中止になるのかもしれない。さらに入試が終わってからでは、ニコンF2は
売り切れてしまうかもしれないと思った。


大学が決まった。
すぐに新宿のヨドバシカメラに行ってみた。ニコンF2は既に売り切れていた。

落胆して地元の駅前にあるカメラ屋さんに行ってみたら、ブラックのニコンF2フォトミックAと、
クロームのニコンF2フォトミックASがウインドウに陳列されていた。その隣に、単品のアイレベルファインダーが、
クロームとブラックがそれぞれ1個ずつ並んでいた。

お店の人に、クロームのF2アイレベルが欲しいと聞いてみたら、F2フォトミックとして仕入れているから
それは出来ないと言われた。
結局、F2フォトミックとして購入して、単品のアイレベルファインダーを購入するしか方法は無いことがわかった。

数日後、そのお店に買いに行ったら、すでにブラックのF2フォトミックAは売れていた。
自分は、クロームのF2フォトミックASと単品のクロームのアイレベルファインダーを購入した。
一割引きにしれくれたが、この当時で15万円くらいだったと思う。
こうして最終の80番台のF2は自分のところに来た。

このF2は、現在までに3回のオーバーホールを行って、現役で使用している。
フォトミックASファインダーのメーターの精度も問題無く維持できているのである。

自分のF2は、ワンオーナーなんだよ、って言いたくなってきた。







 



 










[PR]
by f2view | 2017-02-19 15:00 | 東京

光景

e0191232_227955.jpg
恵比寿
e0191232_2271783.jpg
目黒川

Leica M6 summicron 50mm f2 (built-in food type)  ACROS100

もう少し若かった頃、友人が楽しければ良いじゃないか、って言った。

自分は少し違和感を感じた。

この時から、この違和感について自問が始まった。


最近、楽しければ良いじゃないかって思っている自分に気が付いた。

自問に対する解には至らなかったが、それでいい思った。


写真、そしてそれ以外のことも楽しもう。




 
[PR]
by f2view | 2016-11-20 22:20 | 東京

光景

e0191232_14132547.jpg

Leica M6 ELMARIT 28mm 3rd canada T-MAX400

北品川

e0191232_1523193.jpg

Leica M6 ELMARIT 28mm 3rd canada T-MAX400

北品川アパート


JR品川駅の港南口から海へ向かって歩く。

自分の好きな撮影場所である。

その結果、いつも同じような写真を撮っているのかもしれない。


そういえば、蝉の鳴き声が聞えなくなったと思ったら、もう10月になっていますね。

秋の光で見た風景について、考え始めようか。







 
 


 
[PR]
by f2view | 2016-10-02 15:15 | 東京

ゆっくり歩く

e0191232_2272880.jpg
e0191232_2138374.jpg


Leica 3f Elmar 5cm f3.5 T-MAX400

日曜の午後の西新宿は、とても静かだった。

明日から、8月ですね。

ーー

昨日は、城南島を撮影してきた。

今回で、5回目になるのかもしれない。

流通センター駅でモノレールを降りたら、セコニックで露出を測る。

それ以降は、その測光値を基準に適宜、補正を行いながら露出を決めてゆく。


環状七号線の終点、トラック、倉庫、運河、、、飛行機、、海、貨物船、、、を撮る。


ここに自分がいる、という感覚が嬉しい。

そして、今回も撮影は楽しかった。





 
 
[PR]
by f2view | 2016-07-31 21:53 | 新宿

ゆっくり歩く

e0191232_13585190.jpg

e0191232_1359572.jpg


Leica 3f Elmar 5cm f3.5 T-MAX400

西新宿

夕方、そして日陰の光の中を歩いた。

とても楽しかった。


ーー

最寄り駅から自宅に向かって歩き始めると、すぐに登坂になる。

この坂のいちばん下に電器屋さんがある。

高校時代に洗濯機が故障したとき、この電器屋さんに自分が電話をして来てもらったことがある。

洗濯機は無事に動作するようになった。

それからしばらくして、机に据え付けて使用していたZライトの電球が切れた。

自分は、この電器屋さんに買いに行った。

お店の人に、Zライトの電球をください、と言ったら、棚から持ってきてくれた。
お金を払おうとしたら、ちょっと待ってねと言われた。

レジの近くに作業台があって、そこに各サイズの電球や蛍光灯のソケットがあった。
お店の人は、このソケットにZライトの電球をねじ込んだ。

パッと明るく点灯した。

この点灯テストが気に入って、以降はこのお店で電球や蛍光灯を買うようになった。


それからだいぶ時間が経った。

数年前にプリメインアンプを買い換えた時に、その電源ケーブルはホスピタルグレードという3つ口
のコンセントを使用する必要があった。

このコンセントに交換するには電気工事士の資格が必要だったので、この電器屋さんに行って相談
をした。

もう終わりました、と言われた。

つまり、出張工事はもうやっていない、ということだった。
お店の人は、だいぶ年配になられていたからかな、と思った。


昨日は、午後になってからバスで井の頭公園に行って、いつもの木の撮影をしてきた。
その後は、電車で最寄り駅に戻った。


駅から歩き始めた。あっと叫びそうになった。

あの電器屋さんが白い壁に覆われていた。看板はすでに外されていた。


もう、あの電球の点灯テストはやってもらえないのか、と思った。


普段見慣れた風景が、ゆっくりと変わってゆく。




 

 
 
[PR]
by f2view | 2016-07-24 15:07 | 新宿 | Comments(0)

ゆっくり歩く

e0191232_16273354.jpg


Leica M6 ELMARIT 28mm 3rd canada T-MAX400

虎ノ門


昨日は、 蒼穹舎にて、柴田恭介さんの写真展 湘南時計《番外編》「熱海」を見てきた。

柴田さんとお話しすることができた。

6X6のフォーマットと35mm判の縦と横の構図について、良い示唆を頂いた。

また、ご自身が撮りたいものがわかってからは気分が楽になった、という意味のことを言われていた。


帰りの電車の中で、数年前にH林氏とS氏と新木場を撮影しに行った時のことを思い出した。

新木場駅から海を目指して歩いた。そして東京湾ゲートブリッジが見えてきた。

日が暮れたので撮影は終了となり、駅に向かって歩きながら3人でいろんな話をした。


自分は言った。「最近は、近景よりも中~遠距離にある物に惹かれるんだよ」

これを聞いたH林氏は、「だったら、それを続ければ良いね」と言った。


胸に熱いものが込み上げてきた。そしてとても落ち着いた気分になった。

自分が、なぜ写真を撮るのか、という自問への解がわかり始めた瞬間であった。


次回は、久しぶりに新木場を撮りに行こうかな。







 
 
[PR]
by f2view | 2016-07-10 16:50 | 東京 | Comments(0)

ゆっくり歩く

e0191232_14194622.jpg


Leica M6 ELMAR 135mm T-MAX400

遠くに東京タワーが見えていた。

ーー

昨日は、世田谷区の三宿にある SUNDAY cafe で展示されているマルティン・チャンビの写真展と
そのトークショーに行ってきた。

その後は、近くにある世田谷公園を散歩してきた。

自分は、中学まではこの近くに住んでいたので、世田谷公園は自分の庭のような場所であった。
しかし、それ以降は訪れたことは無かったので、もう四半世紀以上の時間が経過していた。


グラウンドがあった。ちょうど野球の練習が終わったところのようであった。

プールは営業していた。水の音と歓声が聞えた。
当時は2時間で100円くらいだったと思う。


蒸気機関車のD51の展示も当時のままであった。

さらに歩いてゆくと、池と大きな噴水があった。

あの頃、この池の周りでローラースケートが流行っていた。
自分もそれに熱中していた記憶がある。

噴水があったかどうかは覚えていない。

撮影は、良い手応えを感じた。

ゆっくり歩いて写真を撮る。いつも楽しい。




 
[PR]
by f2view | 2016-07-03 15:21 | 東京

ゆっくり歩く

e0191232_2015517.jpg


Leica M6 ELMARIT 28mm 3rd canada T-MAX400

キヤノンギャラリーSで開催されている 宮本 隆司 写真展 九龍城砦 Kowloon Walled City
を見てきた。

このギャラリーは品川にあるので、写真展を見たあとは北品川界隈をゆっくりと撮影を楽しむことが多い。

北品川アパートは、今回も美しかった。


ーー

実家の近くに、自分の記憶ではかなり以前から営業している酒屋さんがある。
昨年の元旦に実家に行く途中で、この酒屋さんでビールを購入した。店のご主人に、元旦も営業して
いて大変ですねと話しかけたら、うちは曜日でやっているだけだから、と言っていた。

つまり、水曜日がお休みでそれ以外は営業をしている、ということだった。だから、元旦や祭日も
水曜日ではなければ休みではないのか、と理解した。

子供がまだ小さかった頃、実家に行くときは、ここでいつもアイスクリームを買うことを楽しみにしていた。

ある日、いつものようにこのお店で買い物をしていると、小さな貼り紙があった。
改装のため一時閉店します、ということだった。

以降、実家に行くときはこのお店の状態を確認していたけれど、すでに一年とすこしの時間が経過していた。
お店の建物は新築されて、1階部分は店舗らしい構えであることがわかった。

つい先日実家に行った時、この酒屋さんがどうなっているのか前を通りがかったら、保育園になっていた。

あのご主人にはもう会えないのかな、と思った。







 
[PR]
by f2view | 2016-06-27 21:40 | 東京 | Comments(0)

ゆっくり歩く

e0191232_2291533.jpg


Leica M6 ELMARIT 28mm 3rd canada T-MAX400

今日は、のんびりしていようと思って音楽を聴きながら読書をはじめたら、すぐに寝てしまう
という日でしたが、夕方になってから少し走ってきました。

次回は、写真展を見に行きながら街並みを撮影して、旨いコーヒーを飲ませてくれる店に寄る、
ということで行きたいですね。


ーーー

自分の写真のテーマとして、城南島の風景をフィルムで撮っている。
次回は、梅雨の雨中で撮影しようと思っているのだが、休日は意外と雨ではない。

撮影のために雨を待つ、というイメージは今回が初めてかもしれません。

ーーーー

先日の渋谷東急の中古カメラ市で、エルマリートの28mmを手に入れたので、ゆっくりと撮り始め
ました。
とても良いトーンだと思います。







 
[PR]
by f2view | 2016-06-19 22:30 | 東京 | Comments(0)

散歩

e0191232_19142263.jpg


Leica Ⅲf summar 5.0cm f2 ACROS100

メーター。


夏の風景について。

場所、光、、、。

機材、フォーマット、、、、。

どう取り組むか。楽しみである。






[PR]
by f2view | 2015-07-18 21:40 | 東京 | Comments(0)