東京エフニブ

タグ:5D ( 191 ) タグの人気記事

ゆっくり歩く

e0191232_18124334.jpg
e0191232_18123336.jpg
e0191232_18134363.jpg
e0191232_18122482.jpg
e0191232_18142169.jpg
e0191232_18133059.jpg
e0191232_18315365.jpg
e0191232_18125039.jpg
e0191232_18135908.jpg
e0191232_18144146.jpg
EOS 5D MarkIV TAMRON 45mm f1.8 VC

下北沢。 

中学2年までは、地元と言っても良い街だった。

昨日は、夕方になってから通りがかったので、久しぶりに下北の街を撮影した。

ピーコックの看板を見たら、中学時代を思い出した。

この近くにあった本屋には良く行っていた。

大規模な工事は続いていた。


街が変化することにこだわりはない。

その時に見た光景を撮影する。


自分は、ゆっくりと歩いていければそれで良い。













[PR]
by f2view | 2018-11-04 18:39 | 東京

界隈

e0191232_16124928.jpg
e0191232_16130438.jpg
e0191232_16131556.jpg
e0191232_16132532.jpg
e0191232_16133363.jpg
e0191232_16134426.jpg
e0191232_16135943.jpg
e0191232_16141687.jpg
e0191232_16142397.jpg
e0191232_16143369.jpg
e0191232_16144212.jpg
e0191232_16145000.jpg
e0191232_16150288.jpg
e0191232_16151257.jpg
EOS 5D Mark III EF40mm f2.8

曇天の中を歩いてきた。

雨は降らなかった。










[PR]
by f2view | 2018-10-14 16:22 | 東京

界隈

e0191232_23415812.jpg
e0191232_23414473.jpg
e0191232_23414674.jpg
e0191232_23414847.jpg
e0191232_23412624.jpg
e0191232_23412413.jpg
e0191232_23412296.jpg
e0191232_23410831.jpg
e0191232_23410713.jpg
e0191232_23410443.jpg
EOS 5D MarkIV EF24-70mm f2.8L ? TAMRON 45mm f1.8 VC

加藤俊樹さんの個展を見に行った日。

二子玉川界隈。









[PR]
by f2view | 2018-10-13 23:44

界隈

e0191232_23050593.jpg
e0191232_23050622.jpg
e0191232_23050348.jpg
e0191232_23051235.jpg
e0191232_23052292.jpg
EOS 5D MarkIII TAMRON 45mm f1.8


夏が終わる頃、渋谷からキャットストリートを歩いて、青山通りに出た。

まだ蒸し暑かった。










[PR]
by f2view | 2018-10-13 23:19

光景

e0191232_18112723.jpg
e0191232_18114184.jpg
e0191232_18115519.jpg
e0191232_18123389.jpg
e0191232_18120990.jpg
e0191232_18125109.jpg
e0191232_18110902.jpg

EOS 5D MarkIV EF24-105/4LII

今年の夏の光を撮影した。

この光を撮影した翌日は、涼しい気温になった。

好きな光だと思った。

さて、明日からは日常に戻ろう。





 






 






[PR]
by f2view | 2018-08-19 18:37 | 東京 | Comments(0)

ゆっくり歩く

e0191232_20172154.jpg
e0191232_20174112.jpg

e0191232_20175613.jpg

e0191232_20174046.jpg

e0191232_20181323.jpg

e0191232_20175806.jpg

e0191232_20181521.jpg

e0191232_20182909.jpg

e0191232_20182814.jpg

e0191232_20184304.jpg

e0191232_20184565.jpg

e0191232_20190254.jpg

e0191232_20190043.jpg

e0191232_20191862.jpg

EOS 5D MarkIII TAMRON SP 45mm f1.8 Di VC USD

久しぶりに渋谷からキャットストリートを歩いて、表参道に出た。

古着屋さんで、探していたアロハシャツは見つからなかった。

蒸し暑かったが楽しかった。


ーーーーーー

今年もお盆になったので、実家に集まった。

全員が揃うとエアコンの効きが足りなく感じたので、扇風機も使おうと思った。

テーブルに近いコンセントは2つ口であったが、どちらもプラグがささっていて使用中であった。

このうちのひとつは、電動式鉛筆削りであったので、これを外して扇風機を繋いだ。

この電動式鉛筆削りは、自分が小学校の時に買ってもらったものであることを思い出した。

まだ在ったのか、と思った。

その当時は、手回し式の鉛筆削りが気に入っていたので、この電動式はあまり使用した記憶が無い。

そして、中学になるとシャープペンシルの時代になったので、鉛筆はさらに使用しなくなったのかもしれない。


ビールで乾杯して宴会が始まった。

飲みながら実際に鉛筆を削ってみたいと思った。しかし、扇風機を使用しているので、あとでやってみようと思った。

ビールの後は、日本酒を飲んだ。久しぶりに酔った。


帰り道で、電動鉛筆削り機の動作確認をしなかったことに気がついた。

次回、実家に行った時は、確認と点検をしてみようと思った。

最近は、鉛筆はほとんど使用していないので、これを機会に使ってみるのも良いかもいしれないな、と思った。












[PR]
by f2view | 2018-08-17 21:59 | 東京

光景

e0191232_15543136.jpg
e0191232_15543905.jpg
e0191232_15545142.jpg
e0191232_15550255.jpg
e0191232_15551188.jpg
e0191232_15553182.jpg
e0191232_15554283.jpg
e0191232_15554902.jpg
e0191232_15555766.jpg
e0191232_15560591.jpg
EOS 5D MarkIII EF50/1.4 EF24-105mm f3.5-5.6STM

平林達也さんの写真展 白い花(Desire is cause of all thing)ニコンサロン銀座 を見てきた。

以前、東京画で椿山荘で展示された時に、この白い花の作品を見たことがあった。
この時はDMのハガキに用いられている作品のイメージがゆっくりと伝わってくるという印象だった。

今回の展示では、この表題の白い花以外にも草や人物、動物が写された作品もあった。

会場を何周もしながら見続けた。

そして思った。

白い花を撮影したことは、最初のきっかけに過ぎないのかもしれない。

白い花の撮影を続けることで、そこに白い花以外の物にも撮影者自らが感じる共通の視線があることが
伝わって来た。

その視線で撮り続けたことそのものが、今回の作品の本質なのではないか、と思った。

とても良かった。

そして、やられたな。と思った。

次回、飲みながら語り合いましょう!平林さん!


ーーーーー

昨日は、銀座駅で地下鉄を下車してから、歩行者天国をスナップしながら歩いた。

ニコンサロン銀座を出てからは、再び撮影を始めた。

築地方向に向かってゆっくりと歩く。勝鬨橋が見えてきた。

勝鬨橋からスカイツリーが見える場所があったはずだが、現在はその中間地点に高層ビルが出来ていて、
全貌は見えなくなっていた。

隅田川の風は気持ちよかったが、強い西日が肌に当たっていた。

とても暑かったので長居は出来なかった。

バスで東京駅に移動してから帰路についた。

其の後は、吉祥寺でビールを飲んだ。

とても良く冷えていて旨かった。








 











 









[PR]
by f2view | 2018-07-22 17:07 | Comments(0)

ゆっくり歩く

e0191232_16120777.jpg
e0191232_16122045.jpg
e0191232_16122773.jpg
e0191232_16123744.jpg
e0191232_16124598.jpg
e0191232_16125335.jpg
EOS 5D MarkIII EF35mm f2 IS USM


自分が撮影を行う場所は、いつも比較的に人が少ない。

あるいは、人が散在する場所では、結果として人の存在感が少ない写真を撮っている、ということに気がついた。

自分が好む場所、そして好む光において、フィルムでパンフォーカスで撮る、という表現について考えるようになった。

そのために、三脚を使って東京を撮るということをやり始めた。

そんなときに、富士フィルムからモノクロームのネオパンACROS100が生産中止になる、というニュースが流れてきた。

実は、メインとするフィルムは、このACROS100にしようと考えていたのだ。


ーーー

自分が通っていた中学には写真部は存在しなかった。

高校に入学したら、そこには写真部があった。

入部した。

その最初の週の部活は、放課後に各自がカメラを持参し、モノクロームのフィルムで学校の近くの風景を撮影する、
ということだった。

自分は、父にもらったニッコール50mm f2付きのニコマートFTに ネオパンSS で、学校近くの川とか橋を撮影した。

他の部員のカメラは、ペンタックスSV、オリンパスOM-1、ペンタックスSPF、ミノルタXEであった。
先輩は、キヤノンEF、ニコマートFT2、黒のニコマートFTn、ミノルタSRTスーパーだった。

次の週の前半は、フィルム現像について、先輩から指導を受けた。

キングのベルト式現像タンクと練習用のフィルムを用いて、リールへの巻き方を教わった。
次に、ダークバックを使用して、フィルムを手探りでリールへ巻く練習を行った。

その週の土曜日の放課後は、実際に現像タンクを用いて現像を行うことになった。

この時、現像液を注入し、撹拌という作業を初めて行った。

所定時間後、タンクから現像液を排出して、停止液は使用せずに、水を注入して中間水洗し、定着液を注入した。

定着が完了した時間になって、タンクを開けてフィルムを取り出して、すぐに暗室のうす暗い光にかざして見ると、
現像は無事に完了していた。

その後、自分の常用フィルムはASA200のネオパンSSSになった。
これを400増感で使用し、Y2フィルターを常用することが基本になっていた。


ーーー

いつも行くカメラ量販店で、ACROS100は一時的に在庫が無かったが、現在は店頭に並んでいた。

今年の10月で出荷が完了するので、それまでは購入は可能である。

特に買い占めはしないで、自分の撮影のペースで必要な量のACROS100を購入して使ってゆくことにした。

そして次回、買いに行った時に手に入らなければ、他のフィルムを購入するだけのことである。

別れのために、特別なことをやらないのが自分流だからである。

ネオパンという名前のフィルムが完全に消滅することは寂しいけれど、それを使った作品と楽しんだ記憶
があればそれでいいと思う。


また、風景が変わったような気がした。










 

















[PR]
by f2view | 2018-05-06 17:49 | 東京

ゆっくり歩く

e0191232_17464802.jpg
e0191232_17460213.jpg
e0191232_17460865.jpg
e0191232_17464259.jpg
e0191232_17455430.jpg
e0191232_17463757.jpg
e0191232_17463088.jpg
e0191232_17500374.jpg
EOS 5D MarkIII EF40mm f2.8

吉祥寺行きのバスを途中下車して井の頭公園に行ってみると、池のかいぼりを行っていた。

良い光だった。

まだ少し雪が残っていた。

其の後、吉祥寺で買い物をしてからのんびりとコーヒーを飲んだ。


先月の20日で、銀座の行きつけだった珈琲屋さんが閉店した。

水出しコーヒーにニッキの香りを載せたコーヒーを出してくれるお店だった。

ニッキストロングという品名だった。

お店は、どんパ という名前だった。

95年頃から行きはじめたので、もう23年通ったことになる。

この頃は、自然風景の写真を撮っていたが、自分の方向性がわからなくなっていた。

その頃、古いカメラにも興味が沸いたので、銀座や新宿の中古カメラ店に良く行くように
なった。

古いカメラで、試写のために銀座の風景を撮ってみたら、急に街というものが見えてきた。

そんな時期に、どうしてかは覚えていないが、 どんパ というお店でニッキストロングを注文する
ようになっていた。

購入したカメラやレンズの開封の儀も、ここで珈琲を飲みながら、ひとりでニヤニヤしながら
行うようになった。

御徒町や入谷のお店で購入した時も、地下鉄を銀座で途中下車して どんパ で珈琲を飲みながら
レンズやカメラを出して眺めた。

楽しかった。

その後、転勤で東京を離れていた時期も、出張の帰りに新幹線を一本遅らせて、ニッキストロングを
ゆっくりと味わった。

この店に居ると、仕事とかその他の心配事とかを不思議と忘れることができた。


閉店になるということを知ったのは、その二週間前だった。

最後に行って、このニッキストロングを味わおうと思った。

でも、行かないことにした。

自分の どんパ で楽しかった20数年間の記憶が、閉店の印象を得ることでそれに塗り替わってしまう
のではないか、と思ったからである。

次回、銀座を訪れた時は、いつものようにゆっくりと歩いて、写真を撮りながら次の珈琲のお店を探す
ことにした。


大切な記憶。

そして銀座の風景が、また変わった。



































[PR]
by f2view | 2018-02-04 19:06 | 東京

光景

e0191232_17273012.jpg
e0191232_17283105.jpg
e0191232_17283796.jpg
e0191232_17282255.jpg
e0191232_17274969.jpg
e0191232_17290408.jpg
e0191232_17281425.jpg
e0191232_17291003.jpg
EOS 5D MarkIII EF24-70mm f2.8L II

家の近くの路地の日陰の部分には、まだ雪が残っていた。

ふと、新宿御苑はどうなっているのかなと思ったので、行ってみた。

真冬の午前中の光で照らされた残雪は、とても新鮮な感覚だった。


写真を撮りながら歩いていると、あの頃に聴いていた音楽とか、
あの頃に使っていた28mmレンズのこととか、

日常では忘れかけていたことが、ゆっくりと頭に浮かんでくる。

これらのことが、次の写真へのテーマになるのかなと思った。

其の後、喫茶店に入ってコーヒーを飲んでいると、撮影中に思い浮かんだ
ことをメモしておこうとするのだが、いつもほとんど思い出せない。

朝、面白い夢を見たから記録しておこうと紙に向かった時には、既に忘れている
感覚と似ているのかもしれない。


やはり、撮影は楽しい。



















[PR]
by f2view | 2018-01-28 18:10 | 東京