東京エフニブ

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

光景

e0191232_10513373.jpg
e0191232_10531900.jpg
e0191232_10532711.jpg
e0191232_10533330.jpg
e0191232_10530455.jpg
e0191232_10542555.jpg
e0191232_10531177.jpg

Canon IXY650

実は、入院していたのである。

病室は6階だったので、そこからの眺望を堪能することができた。

ーーー

定期の健康診断が終わったので、其の日の夜はビールを楽しんだ。

朝4時に目が覚めてトイレに行ってから、寝る前に淹れてあった冷めたほうじ茶飲む。

次に目が覚めたのは、いつもの起きる時刻である5時半だった。

体を起こそうとしたら、天井が右に回転していた。

来たか。久しぶりだな、と思った。

上半身を起こそうとしたら、猛烈な吐き気と共に天井が高速で回転し始めたような感覚になった。

両手と両足に痺れがあるか、ちゃんと動くか、を確認した。

冷たいタオルを顔にあてると少し気分は楽になった。

手と足が動くかどうか、再び確認した。大丈夫であった。

動けなくなってから二時間が経過していた。

地元の病院へ、なんとか歩いて行ける状態になってきた。


妻に手伝ってもらって、壁伝いに道を歩く。

病院に着くと、すぐに眼の診察になった。

めまいであった。

点滴が始まった。そのまま入院となった。

その後に、MRIで脳の検査をしたが異常は無かった。
聴力の低下も無かった。


入院して2日経ってからは、天井が左回転になった。
回転方向が変わったということは、治り始めたことであると医師に言われた。

4日目に退院した。

まだ頭を動かすとふらつく場合があるが、少しゆっくり動くことを意識すれば大丈夫な状態になった。

仕事は、今週はお休みを頂くことにした。


いつだったか、いつもの仲間で撮影に出かけて、其の後にビールを飲みながら話したことを思い出した。

自分は、ジャズを聴いて写真を撮って、後は少しのカメラ収集ができればそれで充分であって、他には特に
望むものはないね。って言ったら、友人Mは、

 それだけできれば、もう充分に贅沢だよ、 って言った。

今回の入院で、この友人Mが言ったことが身に染みた。


これからは、もう少しのんびりとやって行こうと考えている。









 













[PR]
by f2view | 2018-03-21 12:08 | 東京 | Comments(0)

光景

e0191232_14461046.jpg
e0191232_14463413.jpg
e0191232_14464627.jpg
e0191232_14465329.jpg
e0191232_14470143.jpg
e0191232_14471713.jpg
e0191232_14472793.jpg
e0191232_14472292.jpg
e0191232_14473384.jpg
e0191232_14474010.jpg
e0191232_14474591.jpg
e0191232_14480888.jpg
α7II Summarit 50mm f1.5


昨日は、ギャラリー冬青で開催されている、写真家 山下恒夫さんの Fragments of journey 1993-1997
を見てきた。

ヨーロッパを旅して、作者が見た街ということが伝わってきた。

プリントが美しかった。
二枚目のプリントで、黒の階調がゆっくりと落ちていって、見ていると自分もどこまでも目で追いかけてゆく
ような感覚になった。

そして、三枚目からはこの階調で圧倒されながら見ていった。

最後は、とてもゆったりとした時間が流れている感覚になった。

山下さんとお話しした。
展示をする作品全体としての階調の統一感の話。さらに写真集にまとめた場合のその連続性について。
また、当時の一日のフィルムの撮影本数の話など、とても有意義であった。


其の後は、中野まで撮影しながら歩いた。

歩きながら、あの日のことを思い出した。

ーーー

あの日は、夕方になっても電車は止まったままだった。

自宅まで10km 以上の者は会社で待機するように、との指示が出ていた。

19時になってから、総務課から水500ccと乾パンが支給された。

帰ろうか、と思った。

この頃は、たまに帰宅ランを行っていたので、距離感はわかっていた。

勿論ランニングシューズは無い。
スーツに革靴であったが、この日は柔らかい革の靴であった。

帰ろう。

正門を出た。いつものコンビニまで歩く。

飲料水とパンとお菓子はすべて売り切れていた。

唯一、飴が売れ残っていたので買う。


歩き始める。

街灯は消えていた。

愛用の吉田カバンのストラップをタスキがけにしてから、キュッと締めて体に密着させる。

革靴のままゆっくりと走り始める。

体が軽い。

その翌週は荒川フルマラソンにエントリーしていたので、フルを走りきる体は出来ていた。


暗い道を走って、環八通りに出た。

環八は、街灯は点灯していたが信号機は消灯していた。

車は走っていなかった。

左側の車道を走ることにした。

車も歩行者も居ない。

街灯が、道沿いに遠くまで見えていた。

聞えてくる音は、自分の革靴が路面をたたく甲高い音だけだった。


246号線が見えてきた。

246号線では車が走っていた。警察官が交通整理に出ていた。

すこし走るペースを上げて環八を北上する。


環八にも車が走り出したので、歩道を走る。

隣接したスーパーマーケットは、場違いに明るく見えた。

甲州街道が見えてきた。

ここから車も歩行者も急に増えた。

みんな無言だった。泣いている人もいた。


二時間半で家に着いた。


この日に見た風景は、今でも忘れられない。







 









[PR]
by f2view | 2018-03-11 16:20 | 東京