東京エフニブ

<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

光景

e0191232_12170676.jpg
e0191232_12170807.jpg
e0191232_12171104.jpg
e0191232_12170924.jpg
e0191232_12171349.jpg
e0191232_12171497.jpg
e0191232_12171523.jpg
e0191232_12171793.jpg
e0191232_12171897.jpg
e0191232_12171952.jpg


α7II Summarit 50mm f1.5

先週の日曜日の朝、喉のひどい痛みで目が覚めた。

熱は平熱よりも僅かに高い程度だったので、市販の薬を飲んで大人しくしていた。
月曜は祭日だったので、行きつけの医院は休診であった。

その夕方になってから、熱が急に上がってきて39.2度になった。

火曜日の朝いちばんでかかりつけの内科を受診した結果、インフルエンザB型であることがわかった。

万事休す、であった。

イナビルという吸引式の薬が処方された。

あとやるべきことは、休息して確実に治すことであった。

熱にうなされながら、それでも少し趣味のことをして楽しもうと考えたが、それは無理であった。

2日後に熱は下がった。

4日後にカメラを持って散歩に出てみた。

足の筋力が落ちていると思ったが、良い光が出ていたので撮影を開始した。


すこし楽しい気分になることが出来た。

さて、明日からはいつもの日常に戻ろう。














 









[PR]
by f2view | 2018-02-18 19:01 | 東京

ゆっくり歩く

e0191232_17464802.jpg
e0191232_17460213.jpg
e0191232_17460865.jpg
e0191232_17464259.jpg
e0191232_17455430.jpg
e0191232_17463757.jpg
e0191232_17463088.jpg
e0191232_17500374.jpg
EOS 5D MarkIII EF40mm f2.8

吉祥寺行きのバスを途中下車して井の頭公園に行ってみると、池のかいぼりを行っていた。

良い光だった。

まだ少し雪が残っていた。

其の後、吉祥寺で買い物をしてからのんびりとコーヒーを飲んだ。


先月の20日で、銀座の行きつけだった珈琲屋さんが閉店した。

水出しコーヒーにニッキの香りを載せたコーヒーを出してくれるお店だった。

ニッキストロングという品名だった。

お店は、どんパ という名前だった。

95年頃から行きはじめたので、もう23年通ったことになる。

この頃は、自然風景の写真を撮っていたが、自分の方向性がわからなくなっていた。

その頃、古いカメラにも興味が沸いたので、銀座や新宿の中古カメラ店に良く行くように
なった。

古いカメラで、試写のために銀座の風景を撮ってみたら、急に街というものが見えてきた。

そんな時期に、どうしてかは覚えていないが、 どんパ というお店でニッキストロングを注文する
ようになっていた。

購入したカメラやレンズの開封の儀も、ここで珈琲を飲みながら、ひとりでニヤニヤしながら
行うようになった。

御徒町や入谷のお店で購入した時も、地下鉄を銀座で途中下車して どんパ で珈琲を飲みながら
レンズやカメラを出して眺めた。

楽しかった。

その後、転勤で東京を離れていた時期も、出張の帰りに新幹線を一本遅らせて、ニッキストロングを
ゆっくりと味わった。

この店に居ると、仕事とかその他の心配事とかを不思議と忘れることができた。


閉店になるということを知ったのは、その二週間前だった。

最後に行って、このニッキストロングを味わおうと思った。

でも、行かないことにした。

自分の どんパ で楽しかった20数年間の記憶が、閉店の印象を得ることでそれに塗り替わってしまう
のではないか、と思ったからである。

次回、銀座を訪れた時は、いつものようにゆっくりと歩いて、写真を撮りながら次の珈琲のお店を探す
ことにした。


大切な記憶。

そして銀座の風景が、また変わった。



































[PR]
by f2view | 2018-02-04 19:06 | 東京