人気ブログランキング |

東京エフニブ

<   2014年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

e0191232_14512616.jpg


SONY α7 summarit 5cm f1.5

花、、、。

♯ 昨日は、ランニングに出ようと思って、準備を始めたら、
雲行きが妖しくなって、あの集中豪雨が始まってしまった。

今日は、帰宅してから、少し走ってきた。







by f2view | 2014-06-30 22:35 | 東京 | Comments(0)

場所

e0191232_19221272.jpg


SONY α7 summilux 50mm f1.4

銀座にある、いつもの喫茶店。

もう15年くらいは、通っていると思う。

# 昨日は、写真展を2つ見てきた。会場は、新宿と四ツ谷だった。
自分が考えていること、これからやろうしているイメージとか、どこかで繋がっているのかもしれない
と思った。

途中で写真を撮りながら歩いた。
雨の合間に、良い曇天の光で風景が見えていた。

其の後は、いつもの飲み会だった。


by f2view | 2014-06-29 21:00 | 銀座 | Comments(0)

e0191232_22431398.jpg


EOS 5D markⅢ  EF135mm f2 L  三脚使用

紫陽花。

♯ 久しぶりに、カラーで撮ってみた。





by f2view | 2014-06-28 22:40 | 日常 | Comments(0)

場所

e0191232_19182533.jpg


SONY α7 summilux 50mm f1.4

歩行者天国。

# 昨日は、黒のモレスキンのノートを使いきった。
今日は、新しいノートを買ってきた。

赤いロルバーンのノートである。
by f2view | 2014-06-27 23:16 | 銀座 | Comments(0)

場所

e0191232_19123063.jpg


SONY α7  avenon 28mm f3.5

マリオン。

# 休日に行くスーパーは、最寄駅近くの大手スーパーではなく、自宅から最も近いスーパーに行く。
このスーパーの右側に面した道沿いに、個人経営の八百屋さんがある。

この八百屋さんは、果物が新鮮なので、よく利用している。この冬は、ミカンをよく買いに行った。
ある時、200円のお釣りを受け取ったつもりだったが、よく見たら220円だった。
そこで、20円多かったですよ、ということで20円を返そうとしたら、ここのご主人がにこにこしながら、200円
です、と言った。
すごく説得力を感じたので、自分が間違えたのかと思って、そのまま受け入れることにした。

そして、次の週末にもミカンを買いに、この八百屋さんに出かけた。その結果、お釣りはやはり20円多かった。
自分は、何故いつも、お釣りを間違えるのか、不思議だと思った。さらに、このご主人は、高齢に見えるので、
計算を間違えたのかと、失礼ながら考えたりしていた。

そこで、この話を家人にしてみたら、あのご主人は、お釣りがあるときは、いつも20円とか30円余計に返して
くれるそうなのである。
つまり、間違いではなく、「おまけ」 してくれた、ということなのだそうである。

この 「おまけ」 ということ、だいぶ長い間忘れていた感覚だと思った。

最近では、このお店で買ったグレープフルーツを食べている。
もちろん、「おまけ」 付きで購入したことは、言うまでもない。
by f2view | 2014-06-22 22:10 | 銀座 | Comments(0)

場所

e0191232_18555559.jpg


SONY α7 avenon 28mm f3.5

交通会館。

# この時期、スーパーでは生らっきょうが売られている。甘酢を作って、らっきょう漬けを作ろうと
思ったが、今年もやらなかった。

最後に自分でらっきょう漬けを作ったのは、何年前だったか。
らっきょうの水洗い、皮むき、塩まぶし、水出し、、、という工程があるので、平日の夜に着手し、週末に
なって、やっと甘酢に漬けこむ、という段取りが必要なのである。

来年こそは、やろうかな。
by f2view | 2014-06-21 21:45 | 銀座 | Comments(0)

場所

e0191232_2146566.jpg


SONY α7 NOKTON Classic 40mm f1.4

銀座シネパトス。

この建物も、そろそろ取り壊しになるのかもしれない。昭和という事実が、また一つ消滅する。

自分が好む撮影地について、ランニングをしながら眺めたらどの様に見えるのか?と考えることがある。

東京マラソンに出走した時は、レースとしての楽しみの他に、新宿副都心、日比谷、品川、銀座、浅草、
豊洲、有明では、撮影ポイントとして風景を楽しみながら走ることが出来た。

それでは、有楽町駅でランニングウェアに着替えて、銀座から勝鬨、月島あたりを走ってみたら、さらに
新しい風景の視点が見えてくるかもしれないと思う。

やってみようか。
by f2view | 2014-06-20 22:45 | 銀座 | Comments(0)

場所

e0191232_21344750.jpg


SONY α7 NOKTON Classic 40mm f1.4

銀座。駐車禁止表示。

自分にとって銀座とは、行きつけの中古カメラ店と時計屋さんがある場所である。

其の後は、これも行きつけの喫茶店でコーヒーを飲む。

そして、銀座線に乗って帰宅する、という日常があるところだと思っている。
by f2view | 2014-06-19 22:30 | 銀座 | Comments(2)

場所

e0191232_23552176.jpg


SONY α7 Leitz elmar 3.5cm f3.5

船。運河。

# 今日は、いつものランニングによる練習は行わなかった。その代わりに、前回のランで発見した風景を
撮影してきた。
夕方の日が落ちてきた光で、三脚を使って撮影した。
良い手応え。

ブローニー判のACROS100を、2本消費。
by f2view | 2014-06-15 21:53 | 東京 | Comments(0)

場所

e0191232_22284511.jpg


SONY α7 Leitz elmar 3.5cm f3.5

ブランコ。

# 今日は、昼寝をしたから、すぐには眠れないかもしれない。
眠れない夜は、数を数えるのが良いと言われているが、自分は過去の出来事について思いを巡らすことにしている。
ここで、比較的良く思い出すのは、学生時代に行っていた研究テーマに関することである。

このテーマとは、機械接合面に関する研究、ということをやっていた。
これは、2つの面状の部品を、ボルトで締結して、1つの構造体としたモデルを用いていた。
この締結によって、2つの面が接触する。この面は各々研削によって仕上げられており、この表面の粗さは
予め測定し、所定の凹凸形状であることを確認しておく。

この構造体を、引張圧縮試験機に装着して、5Hz程度で、ある大きさの変位を強制的に往復で加える。

この5Hzによる強制変位が、準静的であるとすれば、この構造体がボルト締結物ではなく、一体の構造で
あった場合は、この変位による反力は、圧縮あるいは引張方向の反力として、フックの法則による理論値と
同じ値が計測される。

しかし、ボルトで締結した面を持つ構造では、この測定される力の大きさは、一体の構造物の場合とは異
なった挙動になる。

この挙動とは、変位の大きさと、その時の力をグラフにプロットしてみると、ヒステリシスが生じた状態として
現れてくる。
つまり、変位が圧縮方向に向かう場合と、引張方向に向かう場合とで、力の発生の経路が異なっている。

また、ボルト締結した2つの面の接触状態について考えてみると、金属を研削した表面であるから、比較的
規則性のある凹凸がある表面であると仮定すると、この面と面を接触させるということは、この凸部どうしが
接触するから、見かけ上の接触面積と、凸部による真実接触面積とは異なると考えることができた。

したがって、この真実接触部分が、強制変位によって弾性変形し、次に接触部分が破断する、
という動作を繰り返すと考えられる。

また、この接触問題については、他に多くの論文が出されていたので、これらの内容と、
実験結果から、さらに研究を進めていった。
この当時は、これは大変に面白く、まさに没頭していたのであったが、修士課程の2年間は、
あっという間に終了してしまった。

幸いにして、これで書いた論文ではあったが、修士号はもらえたので、社会人となった。
しかしながら、この研究をあのまま続けていたら、今頃はどうなっていたのだろうか。
強制変位では、この2面間のエネルギの損失については、わかってきたが、次は、慣性系で同じ
実験を行い、動的な変位を発生させた場合について、考察することが必要だと、あの当時は思っていた。

この動的な系について考え始めると、最近の自分の劣化した脳では、ニコンFやライカの巻き上げの
感触とか、シャッターの音について、夢想するようになる。

したがって、この辺で眠りに落ちる、ということなのである。
by f2view | 2014-06-14 23:55 | 東京 | Comments(0)