東京エフニブ

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

場所

e0191232_21141672.jpg


EOS 5D markⅢ EF17-40mm f4 L

品川駅 港南口。
[PR]
by f2view | 2014-05-17 22:10 | 品川 | Comments(0)

場所

e0191232_2246043.jpg


EOS 5D markⅢ  EF17-40mm f4 L

品川駅の南側。いつも自分が撮影する時間帯では、あまり人は見かけない。

そして、海が近いので、品川駅の改札を出たという感覚に対して、これから海を見にゆくという事実
とのギャップがあって、いつも新鮮な気分になるから、ここは面白い。
[PR]
by f2view | 2014-05-16 22:42 | 品川 | Comments(0)

場所

e0191232_2222588.jpg


EOS 5D markⅢ  EF17-40mm f4 L

右手にあるタワーマンションがある場所は、かつて三井製糖の工場があった。
この工場は、とても印象的なファサードを持った外観であったと記憶している。

# 先週は、平日に時間が取れたので、某所にてジャズを聴いてきた。
某所とは、JBL4343Bを2台のPASSのパワーアンプで駆動するシステムがあるジャズ喫茶である。

自分は、都内のジャズ喫茶では、このお店の音が最も気に入っている。
38cmウーハーを、2台のパワーアンプで駆動している。
ここのオーナーの方は、300Wだと言っていた。つまり、A級動作で300Wのパワーアンプを2台動作させているから、熱に換算すると、600Wの電気ストーブを常に全開で動作させている、ということと等価である。

音は、とにかく太い。しかし、5分も聴くと自然にジャズに引き込まれている自分に気が付く。
そして、心地よい音だと感じる。

また、オーディオを多少いじっている自分としては、これがJBL4343の鳴らし方なのか、と納得してしまう。
この4343が現役で発売されていた当時は、音像の再現性を主体とした製品が多かったので、まさにジャズで使用するとすこぶる良い結果となる。
当然に相応の駆動力のあるアンプを使用することが前提になる。

これに対して、最近のピュアオーディオでは、一部の製品を除いて、大部分は音像よりも空間表現に主体が置かれている。
自分が構築したオーディオシステムも、空間を意識したものである。
その前提として、左右のスピーカーを内振りに向けて設置して、その三角形の頂点が論理的なリスニングポイントとなる考えが基本になっている。
また、最近のアンプも高域の音の情報量が多いというだけでなく、空間の表現性に合致した特性のものが主流になっていて、自分もこの傾向のものを使用している。
よって、これらの装置を用いてジャズを聴くと、空間の中にトランペットの立ち位置とか、ピアノの左手の位置に関するイメージがわかってくる。
この状態の音を聴いた結果として、ジャズを味わう、という聴き方になっていると思う。

したがって、この音と比較すると、あのJBL4343Bの音は、自分のオーディオとは真逆であるとも言えるけれど、とても好きな音なのである。
[PR]
by f2view | 2014-05-14 22:20 | 品川 | Comments(0)

場所

e0191232_224165.jpg


EOS 5D markⅢ  EF17-40mm f4 L

運河を歩く。水を眺める。遠くを見る。

# 先日のGWの後半に、城南島に行ってきた。ここは、羽田のB滑走路への着陸機の撮影のメッカでもある。
自分は、ニコンF2に古いニッコールの300mmを装着して三脚に固定し、遠いD滑走路に向けた。D滑走路なので、ニコンF2は、ほぼ水平に構えることになる。
この日は、脚を付けて水平にカメラを構えている撮影者は、自分だけだった。
他の人は、B滑走路を狙っているから、頭上を見上げる方向に、手持ちでカメラを構えていた。
また、フィルムカメラで撮影をしている人も、自分以外には居なかった。

其の後、水平線から大きな貨物船がやってきたので、撮影した。船は、想像以上に速い速度だと思った。

良い気分を味わった。トライXを3本消費。
[PR]
by f2view | 2014-05-11 22:00 | 品川 | Comments(0)

場所

e0191232_2132693.jpg


EOS 5D markⅢ  EF135mm f2 L

海に近づく。

# 今日は、朝起きた時、汐留にある中銀カプセルタワーのことを思い出したので、いつもの午後の光で、撮影してきた。
新橋駅から歩いて向かったが、その途中で、愛用のセコニックで何回か露出を測って、本日の基本露出を決めた。
現地では、その基本露出からカプセルタワーの表面の感覚によって、いつもの経験値によって露出を補正して撮影した。
其の後、浜離宮の方に行った。ここで少し日が傾いたから、再びセコニックを取り出して露出を測った結果、測光値に違和感があった。
まず単位がsec.ではなく、シネで用いるf/sになっている。
その後、電源のリセットを行っても、測光値が秒で表示されることはなかった。どうやら、故障したようである。

このセコニックの露出計は、思えばもう15年近く使用してきた。したがって、修理はしないで、同型のものを新規で購入することにした。

帰りにヨドバシに行って、マイナーチェンジはしていたが、ほぼ同じ物を購入することが出来た。

したがって、これから少なくとも15年は、稼働してもらおうと思う。

この15年。自分は、何かを行うことができたのだろうか。そして次の15年は、自分は、何を行うのだろうか。
[PR]
by f2view | 2014-05-10 22:26 | 品川 | Comments(0)

場所

e0191232_16112280.jpg


EOS 5D markⅢ  EF17-40mm f4 L

海へ向かって、歩き始める。
[PR]
by f2view | 2014-05-04 21:50 | 品川 | Comments(0)

場所

e0191232_1547342.jpg


EOS 5D markⅢ  EF135mm f2 L

横浜倉庫跡地に建つYOKOSOビル。 
[PR]
by f2view | 2014-05-03 21:45 | 品川 | Comments(0)

場所

e0191232_15365027.jpg


EOS 5D markⅢ  EF17-40mm f4 L

いつもの場所にて。

この風景をしばらく眺めてから、ゆっくりと撮影を始めるつもりだったが、遊覧船が来たので、すぐに撮影開始になった。
[PR]
by f2view | 2014-05-02 22:05 | 品川 | Comments(0)