人気ブログランキング |

東京エフニブ

ゆっくり歩く


e0191232_00204644.jpg
e0191232_00203863.jpg

e0191232_00195726.jpg

e0191232_00192621.jpg

e0191232_00200756.jpg

e0191232_00194725.jpg

e0191232_00183456.jpg

e0191232_00191027.jpg
e0191232_00182318.jpg
e0191232_00181525.jpg
e0191232_00180526.jpg
e0191232_00175551.jpg
e0191232_00173560.jpg
e0191232_00174501.jpg
e0191232_00172336.jpg
e0191232_00162343.jpg
e0191232_00155355.jpg

e0191232_00161373.jpg
e0191232_00154031.jpg
e0191232_00151815.jpg
e0191232_00160437.jpg
e0191232_00142556.jpg
e0191232_00144758.jpg
e0191232_00143829.jpg
e0191232_00120999.jpg

e0191232_00114872.jpg
e0191232_00113675.jpg
e0191232_00410225.jpg

e0191232_00111822.jpg

EOS 5D MarkIV EF50mm f1.4 EF24-105mm f4LII

今年もCP+を見学してきた。

其の後は、海とみなとみらい界隈を撮影した。

そこで帰ろうと思ったけれど、まだ日があったので、野毛を散歩してきた。

昨年のCP+の時は、帰りにちぐさに寄ってジャズを聴いた。

一年前と街並みは変わっていなかったが、一箇所だが工事を行っている場所もあった。

横浜はかつて住んでいた街だった、と特別な想いにはならなかった。

次回は、夏の光になったら横浜の海を撮ろうと思った。

横浜は以前よりも身近に感じたのかもしれない。


かつて住んでいた街を歩くと、懐かしさだけではなく、若かった自分や家族のことを思い出す。

そしていつも自分はちゃんとその責任を果たしていたのか、という自問になる。

その自問と戦いながら、その街を撮る。


今回、野毛を撮影しながら過去の記憶へのこだわりが、少なくなったのかもしれないと思った。

ある写真家が、未来は常に懐かしい、と言っていた意味がすこしわかった様な気がした。







 














by f2view | 2019-03-17 21:40 | 横浜