東京エフニブ

光景

e0191232_15543136.jpg
e0191232_15543905.jpg
e0191232_15545142.jpg
e0191232_15550255.jpg
e0191232_15551188.jpg
e0191232_15553182.jpg
e0191232_15554283.jpg
e0191232_15554902.jpg
e0191232_15555766.jpg
e0191232_15560591.jpg
EOS 5D MarkIII EF50/1.4 EF24-105mm f3.5-5.6STM

平林達也さんの写真展 白い花(Desire is cause of all thing)ニコンサロン銀座 を見てきた。

以前、東京画で椿山荘で展示された時に、この白い花の作品を見たことがあった。
この時はDMのハガキに用いられている作品のイメージがゆっくりと伝わってくるという印象だった。

今回の展示では、この表題の白い花以外にも草や人物、動物が写された作品もあった。

会場を何周もしながら見続けた。

そして思った。

白い花を撮影したことは、最初のきっかけに過ぎないのかもしれない。

白い花の撮影を続けることで、そこに白い花以外の物にも撮影者自らが感じる共通の視線があることが
伝わって来た。

その視線で撮り続けたことそのものが、今回の作品の本質なのではないか、と思った。

とても良かった。

そして、やられたな。と思った。

次回、飲みながら語り合いましょう!平林さん!


ーーーーー

昨日は、銀座駅で地下鉄を下車してから、歩行者天国をスナップしながら歩いた。

ニコンサロン銀座を出てからは、再び撮影を始めた。

築地方向に向かってゆっくりと歩く。勝鬨橋が見えてきた。

勝鬨橋からスカイツリーが見える場所があったはずだが、現在はその中間地点に高層ビルが出来ていて、
全貌は見えなくなっていた。

隅田川の風は気持ちよかったが、強い西日が肌に当たっていた。

とても暑かったので長居は出来なかった。

バスで東京駅に移動してから帰路についた。

其の後は、吉祥寺でビールを飲んだ。

とても良く冷えていて旨かった。








 











 









by f2view | 2018-07-22 17:07 | Comments(0)