東京エフニブ

光景

e0191232_15242499.jpg
e0191232_15245124.jpg
e0191232_15281015.jpg
e0191232_15285349.jpg
e0191232_15292877.jpg
e0191232_15295374.jpg
e0191232_15303396.jpg
e0191232_15310417.jpg
e0191232_15312409.jpg
e0191232_15314978.jpg
e0191232_15323352.jpg
e0191232_15333076.jpg
e0191232_15340318.jpg
e0191232_15343783.jpg
e0191232_15351672.jpg
α7II CANON LENS FL28mm f3.5

JR桜木町駅で下車して、ランドマークタワーを撮る。

それから野毛界隈を撮影してきた。

暑かったけれど撮影は楽しかった。

そしてまた懐かしい気分になった。


ーーーーーー

横浜に住んでいたことがあった。

まだバブル景気で世の中が浮かれていた時期だった。

若かった。

残業は当たり前で、忙しいときは終電で帰ることもあった。

東急東横線の桜木町駅で下車して、横浜市営地下鉄に乗り換える。

この地下鉄の終電の時刻は、東急線の最終よりも早かった。

終電を逃すと、桜木町駅前広場のロータリーにあるタクシー乗り場に並んだ。

この駅前広場は、とても綺麗で新しかった。


ある時、風景がすこし変わっていることに気が付いた。

少し離れた場所の一部分が白い壁で囲われていた。

ランドマークタワーの建設が始まったのであった。


終電で帰宅する生活は、もうしばらく続いた。

ランドマークタワーは、あの特徴的な斜面を持った低層部分が解る程度にまで完成していた。


あの日は、また終電を逃したので、ロータリーにあるタクシー乗り場に並んでタクシーを待った。

自分の順番が来た。白いクラウンの個人タクシーだった。

乗車して行先を告げると、わかってるよ、と言われた。

あなたこの前も乗ったでしょう?と言われた。

運転手さんは、若いのにそんな生活をして大丈夫なのか?という意味のことを言って下さったのである。

自分は、残業手当はもらっていたけれど、この日以降からは、終電で帰宅することを止めた。


ランドマークタワーは、それからしばらくして完成した。

バブルの時代も終わって、仕事はより効率を求められるようになっていた。


ランドマークタワーの撮影を始めようと考え始めた頃、転勤の辞令が出て横浜を離れた。


あれから長い時間が経過した。

自分は今、あの運転手さんに近い年齢になってきたのかもしれないな、と思った。

















by f2view | 2018-07-15 17:11 | 横浜