東京エフニブ

雨の日

e0191232_2023351.jpg


Nikon F Ai Nikkor 50mm f1.4s  HP5

北の丸公園。

雨は本降りになった。
傘をさしてカメラを構えた。


今日は一日中、音楽を聴いていました。

ジャズのピアノの音色を聴きながら、かつて小学校時代にピアノを習っていたことを思い出した。
赤いバイエルと、その次に黄色いバイエルという2冊の教則本をやっていた。

年1回開催される発表会は、習得の浅い者から始まって、最後はより上級者が演奏する順番になって
いた。

自分の上達は遅かったから、発表会ではいつも始めから5番目くらいだった。

習い始めて3年目くらい経っても、発表の順番はほぼ同じだった。
それと同時に、自分の順番の前後に演奏する生徒は、小学校の低学年だったのでみんな背が低かった。
そこに高学年で背が高い自分が割り込んで演奏する、という構図になっていた。

4年目の発表会でも、この構図は変わらなかった。

この時、演奏の2曲目でミスをして違う音を出してしまった。
演奏が終わって席に戻ると、なにか違和感を感じた。

それでも、黄色いバイエルに進んだ。
しかし、もう発表会の出演は辞退した。

黄色いバイエルは、5年半かかってもうすぐで完了ということろまで到達した。

ある日、バイエルに書かれている曲そのものが嫌いだ、と思った。

これが自分がピアノをやめた理由である。


ジャズを聴くためにオーディオを始めた。

オーディオシステムとして、ピアノの音の再現は大変重要である。
自分があの頃、ピアノに接して生音を聴いていた経験は、ジャズを聴くことに関係があると思っている。


さて、次の撮影について考え始めよう。
[PR]
by f2view | 2015-10-12 21:20 | 東京 | Comments(0)