東京エフニブ

ゆっくり歩く

e0191232_22560680.jpg
e0191232_22571278.jpg
e0191232_22572080.jpg
e0191232_22573542.jpg
e0191232_22574096.jpg
e0191232_22575323.jpg
e0191232_22574729.jpg
e0191232_22580954.jpg

α7II Canon Lens 50mm f1.8(L mount) 35mm f2.8(Lmount)

新宿駅南口から、新宿三丁目に向かって歩く。


ーーーー

毎朝、仕事場に近いコンビニで水とコーヒーヨーグルトを買う。

この日は、お弁当も購入して700円以上になったので、キャンペーンの応募券をもらった。

応募券について、また昔のことを思い出した。


ーー

かつて住んでいたマンションの隣には、コンビニがあった。

ビールを切らした時など、冷蔵庫がわりに利用していた。

あの日も、ビールを買いに行こうと思った。

玄関で靴を履いていたら、息子も自力で靴を履いて一緒についてきた。

息子のお目当ては、あの頃流行っていたグリコのおまけが欲しかったからなのかもしれない。

其の日からは、いつも一緒についてくるようになった。

自分は、息子にすこし遠いところにあるコンビニのほうがもっと種類があるよ、と言ってできるだけ長い時間、
息子との散歩を楽しんだ。

遠くのコンビニには、いつも話しかけてくれる優しい女性の店員さんが居た。

「一緒に買いものに来てくれる時期は、あっという間に終わっちゃうから、いまのうちに楽しんでね」

息子には、「いまのうちにパパにいっぱい甘えておくんだよ!」 と言ってくれた。

買い物が多かったので、この日は応募券を2枚もらった。


息子との買い物散歩は、さらに行動範囲が拡がっていった。

隣駅に近いコンビニにも一緒に歩いて行くようになった。


夏の頃だったと思う。

久しぶりにあの女性の店員さんがいるコンビニに行った。

お店は改装中で一時閉店していた。

がっかりして息子と貼り紙を見ると、新装開店の日時が書いてあった。

その開店の一週間後に、息子とそのコンビニに期待しながら行ってみた。

お店のスタッフは若い人たちに代わっていた。

あの優しい店員さんは、店内を探したけれど居なかった。


それから少しして、応募券が当選して景品のラジカセが家に届いた。

そしてその年の冬には、自分たち家族はそのマンションから引っ越した。


気がついたら、息子とのコンビニ散歩はいつの間にか行かなくなっていた。

今度、一緒にビールでも飲みながらあの頃の話をしてみようかな。
















 


















[PR]
# by f2view | 2018-05-27 20:17 | 東京